NEWS

ニュース

「なぜ今コスメインフルエンサーが人気なのか?」先日幕張メッセで開催された#BeautyBuzzTalkをレポート

COMPANY

先日幕張メッセにて開催されました、世界30カ国、703社が出展した世界各国の化粧品が一堂に出展する日本最大の化粧品専門展「COSME TOKYO」にて、弊社協力の元、コスメインフルエンサーにフォーカスしたセミナー「#BeautyBuzzTalk」が開催されました。

DINETTEは[国際]化粧品展 -COSME TOKYO 2018-のオフィシャルメディアパートナーを務めており、今回はインフルエンサーでありメイクアップアーティストの小林加奈さんに登場いただきました。

対談には、国内外190万人を超えるYouTubeのフォロワーを持つTina Yong(写真真ん中)と、国内実力派メイクアップアーティストでコスメブロガーの小林加奈(写真右)が出演。最先端メイクアップトライオンアプリ「MakeupPlus」のITジャーナリストと対談いたしました。

小林加奈さんは自身が4.5万人のフォロワーを抱えるインフルエンサーで、化粧品を比較検討・そして購入に至るまでの消費者行動には、Instagramや口コミサイトなどのSNSが大きな影響を及ぼしていることに言及。

特に、インフルエンサーによる商品レビューは、広告としてではない消費者の意見として広く受け入れられ、コスメブランドの販促活動に必要不可欠なものとなっているとの解説をいただきました。

Tina Yongさんからは写真を投稿する時間、ハッシュタグ、アカウントのフィードイメージや、美しく写真を撮影する技術などテクニカルなレクチャーが。メモを取る来場者も多く見られたのが印象的でした。

特に美しい写真を撮影するのに必須なスマホライトを紹介した際は、多くの来場者達から質問が相次ぎました。

また、数百名を超える応募の中から当選した、約100名のコスメ好きの一般男女が”COSME TOKYOオフィシャルリポーター”として特別に展示会に招待され、#BeautuBuzzTalkにも参加しました。

最後の質疑応答にいたるまで終始参加者達の熱気に満ちた30分となりました。

参考

BeautyBuzzTalkリリース(リードエグジビションジャパン)

  • NEWS TOP

more NEWS

NEWS TOP
NEWS TOP